ドライブレコーダーはいざというときの備え

最近、あらゆるところでドライブレコーダーの記録が垣間見られるようになりました。交通事故の記録、証拠として活用されているだけではなく、事故を抑止するための効果もあるのではないかろいうほどです。これからはさらに導入が増えるでしょう。

導入にあたっての目的

ドライブレコーダーという言葉を自動車所有者ならずとも認知度は高まっているでしょう。それだけにドライブレコーダーをどのようにしたら導入できるのかと考える方も多いでしょう。しかし、そもそもなぜドライブレコーダーを導入するのかというところからスタートです。

まず、なんといっても、交通事故が発生したときの記録、そして証拠として残しておくためです。もちろん、それが加害者であるかもしれませんし、被害者であるかもしれません。しかしながら、何らかの形でその証拠を事実として残しておかなければ、だれもが不幸になります。実際にこれまで交通事故に関しては客観的な事実がないがためになかなか訴訟、保険に関しても結論付けることが難しく、難航することが実態でした。何しろ、警察側も目撃者をさがすところに労力を使ってて、操作も煩雑です。それだけにドライブレコーダーがあれば非常に簡単に事実を確認することができます。

また、そのドライブレコーダーを商用車が利用していれば、いざといったときにトラブル回避につながったり、事件が発生した際にも問題なく回避可能という安心感を持つことができます。

こうした、一般の方々にとっても、商用車を利用する方々にとっても、いうれにとってもその記録を残すことによるメリットが見えてきます。それだけに需要が高まるわけです。

ドライブレコーダーの選び方

ドライブレコーダーといっても一概にどんなモデルを選択していくのかなかなか判断がつかないところが大きな問題です。まずは購入経路です。正規ディーラーで設置までお願いするのか、自動車専門店で機器を購入して設置までお願いするのか、そして機器だけ購入して自分自身で設置するのかという選択です。

次にドライブレコーダー本体についてです。音声まで記録する必要性がある場合は音声対応です。さらには、ハードディスクの容量によって、実質過去のデータが自動的に消えていくこともあります。またはセキュリティカメラのようにセンサー感知した前後数分だけを録画しておくような機能を備えたモデルまであります。さらには業務用のモデルぬなれば、耐久性、時給制に優れたモデルを生産している場合もありますもちろんですが、一般モデルであっても据え付けで標準装備している場合もありますのでかなり選択肢も増えていると思います。

何よりも最初に検討すべきはその目的です。どのような機能が必要なのかも、その目的によって必要なモデルが決まってくると思います。

正直なところ、ドライブレコーダーもそのハード、ソフト面はかなりコモディティ化されていることもあり、それほど大きなメーカーによる機能差はないのではないかと思います。あくまでも目的と機能で選べばよいと思います。

公開日: