ドライブレコーダーのメリットとおすすめ機能

ドライブレコーダーおは事故が起きてしまった場合の大切な証拠を記録してくれていたり、ドライブ者の視点からの景色を録画できますので、ドライブで行った景色や証拠にもなります。映像を保管する事により、自分の運転のデータを後から見て安全確認のチェックなどにも利用できます。

ドライブレコーダーの主なメリット

ドライブレコーダーは万が一に事故していまった場合、警察や保険会社に細かく性格に状況を教えなくてはいけません。でもドライブレコーダーがあれば、それを見せるだけでいつ、どのような原因で、どのような結果になってしまったのかを把握する事ができます。その他、自分の運転状況を把握する事ができますので、自分の速度や右折と左折どちらが苦手とか、車間距離などを第3者目線で把握する事ができます。それだけではなく、カメラをセットしておけば自分の車の回りに起こった出来事を録画しますので、監視カメラ代わりにもなります。

ドライブレコーダが点検・整備の監視の監視の代わりもなります。その理由として、録画している時はボイスも録画していますので、点検や整備している人の声も録画する事ができます。ですから、点検や整備する側からしても、ドライブレコーダーがある車輌は気を引き締めて作業するという意識が働きます。でも本来なら、ドライブレコーダーがあろうが無かろうが、きちんと運転して点検もきちんとしてくれる方が一番ですが、それを補うプラスアルファーとしてドライブレコーダーは必需品と言えます。

ドライブ中の景色を映像に残せますので、デートの際の会話や景色などの楽しい思い出を残して後から見る事ができます。そして、何よりも最近は画質や容量が優れています。平均でも3時間の録画が出来ます。

ドライブレコーダーの色々な利用方法と注意する点

ドライブレコーダーには駐車モード(パーキングモード)が搭載されているものがあります。これはドライブレコーダを利用して盗難防止を予防するという機能です。パーキングモードのドライブレコーダーはバッテリーを搭載されているのが多いので可能な限り録画をする事ができます。ただずっと録画しているわけではないですし、バッテリーの能力自体数10分程度しか録画できません。ただ振動があった場合に録画を開始したり、人の動きを検知して、録画を開始するものです。これは、よく家庭で使われている人の動きを検知してライトや照明が付くセンサーと同様な機能です。

ドライブレコーダは一体型と分離型があります。一体型はカメラと本体が一帯になったタイプです。分離型はカメラと本体が分離しているものです。カメラの位置にもよりますが、分離型でしたら本体を収納しておいてカメラだけを前方に置く事もできますので、スペースも広がります。その反面一帯型は取りつけるのが楽というのがメリットです。でも最近ではその一体型の小型化が進み、コンパクトで取り付けが楽、という理由からドライブレコーダーの主流となっています。

ドライブレコーダは多種多様な機能を搭載していて、便利なものですが取り付ける場所によっては車検が通らない時もありますので、不安な人は取り付ける際はショップの人に聞いてから取り付けると良いかもしれません。

公開日: